ホーム > 金属バネを使わない入れ歯

金属バネを使わない入れ歯


歯が抜けている時の主な治療法としては、「ブリッジ 」「部分入れ歯」「インプラント 」などがあります。詳しくは、「インプラント 治療へのご招待」の項をご参照ください。これらの中でもブリッジやインプラント は、ご自身の歯があった時と近い状態になりますが、部分入れ歯は「床」と呼ばれるピンクの部分が付いていて大きいので異物感が強く、できれば入れたくないと感じておられる方がほとんどです。また、部分入れ歯には金属バネがついているので、話したり笑ったりすると、どうしてもバネが光って目立ってしまいます。実際、当院にインプラント 希望で来院される方の多くはこのような悩みをかかえた患者さんです。
インプラント 治療はこのような問題を一気に解決できる治療法ですが、抜けている歯が多いとかなり高額な治療となり、誰もが選択できるわけではありません。そのため、多くの患者様は部分入れ歯で我慢されているのが実情です。

ノンクラスプデンチャー

そのような中で、少しでも目立たない、快適な入れ歯の一つとして「ノンクラスプデンチャー」があります。これは、金属バネ(クラスプといいます)を使わない部分入れ歯です。金属バネがないので笑っても目立ちません。また、ピンクの樹脂の部分の材料が今までの入れ歯とは違うので、薄くすることができ、異物感も少なくなります。金属バネを使った入れ歯とは構造が違うので、外れにくく外しやすいという特徴があります。当院に見本もありますので、手にとってご覧いただけます。


部分入れ歯は金属バネが目立ちます。バネが前歯にかかっているとさらに目立ちます。



ノンクラスプデンチャーは金属バネがないので目立ちません。

クリアデンチャー(透明義歯)

ノンクラスプデンチャーのピンクの部分が透明になったものがクリアデンチャーです。一般的なピンクのノンクラスプデンチャーよりさらに目立ちません。抜けている歯が1〜2本の方はこちらをお勧めします。当院でも非常に人気があります。見本もありますので手にとってご覧いただけます。


クリアデンチャーは透明でとても薄いので、快適で目立ちません。



透明なので清潔感があります。ピンクではないので、入れ歯が入っているような感じがしません。

3本以上の歯が抜けているときはピンクのノンクラスプデンチャーが適しています。その場合、歯にかかる部分だけ透明にすることもできます。こうすることにより、さらに自然な感じになります。詳しくはご相談ください。

前の項目次の項目


こまい歯科医院
〒891-0102 鹿児島県鹿児島市星ケ峯4-14-1
099-284-7207