ホーム > 歯周病で動いている歯の治療

歯周炎で動いている歯の治療

歯が動いているということ

歯周病はサイレントディジーズ(沈黙の病気)、サイレントキラー(静かな殺し屋)などとも言われ、知らず知らずのうちに進行し、気が付いた時にはかなり進行した状態になっていることが多い病気です。そのため、歯がグラグラと動いてきたことに気づいて初めて来院される方が多いのですが、この状態はすでに中等度以上に進行した状態です。すぐに徹底した歯周病治療を行う必要があります。

歯周病治療には大きく2つの柱があります。歯周病の原因菌をできるだけ減少させることと、歯にとって有害な力を減少させることです。歯科医院で歯垢や歯石を除去してもらたり、家庭での歯磨きを一生懸命にして歯周病菌を減少させても、歯にとって有害な力がかかっていると歯周病は思うように改善しません。かみ合わせが悪かったり、歯ぎしりや噛みしめの癖があったりすると、歯に有害な力がかかります。歯周病が進行してグラグラと動いている歯は、通常の噛む力でさえ有害な力となります。そのため、歯周病治療を行うときは、グラグラと動いている歯は接着剤などでくっつけて連結固定することにより、動きを止めた状態で治療するのが普通です。これを暫間固定(ざんかんこてい)といいます。

暫間固定と永久固定

暫間固定は歯周病治療中の仮の固定です。長くは持ちません。歯周病治療が終了した後もなおグラグラと動いている場合は、最終的な治療として、もっと長くもつ固定方法に変更する必要があります。これを永久固定といいます。現在の保険制度では永久固定は保険では認められていませんが、虫歯の治療の一環として被せ物を連結することは可能です。そのため、歯周病治療後に連結した被せ物(クラウン)を装着することは一般的な治療として行われています。

ただし、これには問題があります。クラウンが連結された状態で装着できるようにするためには、かぶせる歯の装着方向を一致させる必要があります。そのため、それぞれの歯をかなり小さく削らなければなりません。神経が露出して除去しなければならなくなることもよくあります。これにより、歯周病には抵抗できる状態になりますが、個々の歯にはかなりのダメージを与えてしまいます。

メッシュプレートによる永久固定

当院では、金属のメッシュプレートを使った永久固定を行なっています。これは、薄くて硬い金
属のメッシュプレートを歯の裏側に強力な接着剤で貼り付ける方法です。歯は全く削らないの
で、とても歯に優しい方法です。

メッシュプレートによる永久固定




メッシュプレートブリッジ

この技術の応用としてメッシュプレートブリッジがあります。不幸にも歯周病で歯が抜けてしまった場合、抜けてしまったところに人工の歯を製作し、その歯も含めてメッシュプレートで永久固定を行う方法です。ブリッジのように隣の歯を削る必要がないので、とても歯に優しい治療法です。ご希望の方は、歯を削ってブリッジにする前にご相談ください。

メッシュプレートブリッジ

歯周病で歯が1本抜けてしまいました


人工の歯とメッシュプレートを製作します


歯の裏側から接着します


正面から見たところです




こまい歯科医院
〒891-0102 鹿児島県鹿児島市星ケ峯4-14-1
099-284-7207