ホーム > 歯列矯正

白い歯・歯並び

 昔から明眸皓歯(めいぼうこうし、美しい目と白い歯)は美人の代名詞でした。歯科治療はおいしく物が食べられる様にする事がひとつのゴールではありますが、さらに一歩進んで、より美しく自然な口元を回復したいという欲求があらわれるのも当然のことです。我が国の保険制度ではこれらは美容目的とされ、ほとんどの治療が保険外治療となります。

 セラミックの歯を入れて終了ということもありますが、歯並びを改善する歯列矯正、歯を白く漂白するホワイトニング、詰め物や被せ物を使って状態を改善する補綴修復治療、手術で歯肉のラインや色を改善する歯周形成外科などの治療を駆使して、患者様の欲求レベルに応えられるよう努力します。



歯列矯正

 歯列矯正には、まだ乳歯が残っている時期から積極的に矯正を始めて、顎の成長を利用して正しい歯列に導く咬合誘導(T期治療)をはじめ、成人になってから始める成人歯列矯正などがあります。また、補綴治療(歯に被せたりする治療)だけでは良好な結果が期待できない時に、前処置として矯正を行うこともあり、これを補綴前矯正と言います。


 

 

 



この症例は、まだ乳歯がたくさん残っている子供さんですが、このまま放置しても前歯が正しい位置に動いていく事はありません。このように、今のうちに正しい位置に動かしておく事により、正しい歯列に誘導する事を咬合誘導(T期治療)と言います。こうする事によって、将来本格的な矯正が必要になったとしても、放置していた時よりも矯正治療が簡単になります。


 

 

 



この症例は27歳の女性の方ですが、このように成人になってから行う矯正を成人歯列矯正と言います。


この症例は、真ん中の歯と歯の間にすき間がある為に、小さい歯を入れてブリッジにしてあります。歯頚ライン(歯と歯肉の境目のライン)も乱れていて、審美的に問題がありますが、矯正治療を併用しなければ対処できない症例です。


 

 

 



まず矯正治療を行い、歯を正しい位置に動かしてからセラミックの歯を被せました。この患者さんは50歳代の女性の方ですが、いつまでも美しい口元でいたいと言う欲求は、一生持ち続けていたいものですね。

次の項目


こまい歯科医院
〒891-0102 鹿児島県鹿児島市星ケ峯4-14-1
099-284-7207